千日太郎に直接相談

千日に相談して最適な住宅ローンを選ぶ

どうも千日です。千日のブログ、無料相談ドットコムの投稿記事を読むことによって以下のような効果があります。

  1. 住宅ローンを選ぶための正しい基礎知識を身に付け、
  2. 最新の金利情勢を把握し、
  3. 専門家のコンサルを受けなくても、自分にとって最適な住宅ローンを自ら選べるようになる。

千日のブログや、無料相談.comでご紹介している千日メソッドでは、住宅ローンのシミュレーションを自分で行うにあたって重要なポイントを一通り解説していますし、実際、シミュレーションを行うのはコンピュータですから自分で複雑な計算を行う必要はありません。

しかし今まで「自分の行ったシミュレーションに間違いないか確認してください」というご依頼を受けることがありましたが、間違った計算になっていたり、考慮する要素を抜かしてしまっていないか不安だという人が思いのほか多かったんですよね。

そうやって見せてくれた人には説明することが出来たのですが、集合形式のセミナーを受けた方々については、どうなっているのか?分かりません。

千日の住宅ローン無料相談.comで行っているような専門家としての「答え」をリアルに提供することが、直接会って話せるチャンスを最大限に発揮できる方法ではないか?と思うようになったのです。

少子高齢化社会を生き抜く住宅ローンの借り方、返し方について助言を行います

住宅ローンの返済は最長35年という超長期間にわたって続く「人生のプロジェクト」です。

  • 自分の年収で無理なく買える家の値段とは?
  • この住宅ローンを完済した上で老後資金を残すことが出来のるか?
  • もしアクシデントで返済が困難になった場合はどうすればいいか?

これに対する「答え」を出せる人は少ないです。だってどんな大企業でも35年もの期間にわたるプロジェクトなんてそうそうありませんよ。そしてその金額はどうでしょう?年収の5倍から10倍くらいの金額ですよね。これも企業に当てはめてみると、まさに社運を左右するような大規模なプロジェクトです。

住宅ローンは借りて終わりではありません。返せることが大事です。そしてこれからの少子高齢化社会では、返した上で老後資金が残せることまでが要求されます。

そして、このプロジェクトの難易度は、住宅ローンを借りる時にどんな条件で借りるか?どんな返済計画を立てるか?というところで大半が決まってしまうのですよね。

適切な専門家から助言を受け、その上で住宅ローンを選択することは、それが一種の保険になると思っています。これは保険料というコストのかからない保険です。

 

相談を行う千日太郎の住宅ローン専門家としての能力を保証するもの

私は千日太郎というハンドルネームのブロガーとしてウェブ上での情報発信だけでここまでやってきました。私の公開しているブログを読んでここを訪れた人がほとんどだと思います。

匿名のブロガーであっても、私の公開する住宅ローンの情報がインターネット検索の上位に掲載され、Googleニューストピックスにもしばしば掲載されるのは、書いていることがど真ん中を貫いているからだと思っています。

Googleの検索窓に「住宅ローン」と入力した後にスペース「せん」と入力してみてください。キーワードの候補に一般的な検索ワードに並んで匿名ブロガーである千日の名前が出てくることは極めて異例なことです。

Google「住宅ローン」のお勧めキーワード

注)上記は検索の個人設定をオフにして検索していますので、過去に一度も千日のサイトを見たことの無い人でも同じ結果が出てきます。

書く内容だけで、どこまで勝負できるか?

これが、今までブログを書くにあたって自分に課してきたルールです。今では住宅ローン関係の書籍を執筆したり、老舗の経済雑誌である週刊ダイヤモンド社のマネー系のウェブサイトであるザイオンラインで連載する他、多くのメディアに寄稿して生計を立てています。

恐らく、住宅ローンの相談を行うFPの中で、私のような方法で会社を維持できている者は他にいないでしょう。

  • どの銀行にも、また住宅業界にも全く利害関係が無いことが明らかな専門家
  • 資格や肩書では測れない能力が客観的で、それが高く評価されている専門家

これがブロガー千日太郎の住宅ローン専門家としての能力を保証するものです。

住宅ローンの利用者向けに開催しているセミナーには、なぜかFPや保険会社、金融機関の人が参加されて、後から公開した記事について、様々な質問を受けるケースが多いです。

 

料金は一律1万円で完結、内容は非公開、保険の勧誘など一切なし

料金はローンの金額や相談内容かかわらず、一回あたり一律1万円でこれはほぼ原価です。「千日の住宅ローン無料相談.com」では無料でお答えしていますが、これは相談内容をウェブ上に公開し、広告収入で回収しているからです。

個別相談の内容は個人を特定できる個人情報も合わせて入手しますので、完全な非公開となります。相談後に顧問契約などの勧誘も一切行いません。

多くの住宅ローン相談会は無料ですが金融機関やハウスメーカーが主催していますね。基本的にその銀行で住宅ローンを借りることや、ハウスメーカーで家を建てることを前提としたものです。自社商品の宣伝活動として行う相談です。

FPが無料相談会を行うことがありますが、多くは「本業」として保険代理店を営んでいて、生命保険への加入を勧めてきます。アドバイスは保険の必要性というところに収束していきます。そうしないと、回収できません。

わたしにはそういう必要性が全くありませんので、特定の銀行を勧めたり、保険を勧めたりすることはありません。

 

千日太郎のご紹介

千日太郎

本業は企業財務コンサルの専門家で、長年大企業や官公庁を対象とした経営財務コンサルや研修講師として活躍。昭和47年生まれの男性ということ以外は不詳。自身のブログで公開する金融商品の分析力と的確なアドバイスについて口コミで評判が上がり、現在は他メディアでの連載や書籍の執筆などを行う傍らで住宅ローンセミナーや個別相談を行っている。

ブログでは住宅ローンについての情報発信に加えて、一般の人からの住宅ローンや不動産購入についての相談に無料で答え、個人を特定できない形でその質問と回答を公開している。

今までに開催したセミナーの参加者の中には、金融機関や保険会社のFPやハウスメーカー社員も含まれており(セミナーの後に「実はどんな人か会ってみたかったんです」と言われて分かった)利用者だけでなく、住宅ローン業界、住宅業界の玄人にもファンは多い。

千日太郎のサイト

連載中の外部サイト

来所相談と電話相談を選べます

オフィス千日の大阪事務所にて、直接千日と対面でご相談する方法と、遠方の方に関しては電話にて相談する方法の2つから選択することが出来ます。

来所相談の方法

①予約フォームから予約を行ってください。

②正常に予約出来たらすぐに確認メールが届きますので、相談料1万円(税込み)を振り込んでください。

相談料の振込先

金融機関 支店 種目 口座番号
三菱東京UFJ 西宮支店
(479)
普通 3267549
ゆうちょ 四三八
(438)
普通 9410857

どちらかへお振込みください。当社で入金を確認しましたら、予約確定となります。金融機関の営業時間外に振り込みされた場合は、翌日以降の営業日に入金確認となりますのでご了承ください。

なお、振り込み手数料は受講者のご負担でお願いいたします。

③相談料の振り込みを確認しましたら、千日から入金を確認した旨と前提条件について伺うメールでお送りしますので、これに回答してください。以下の項目を事前に伺います。

  • 居住予定の家族の年齢と年収
  • 自己資金の額
  • 借入予定額
  • 物件価格
  • 物件のタイプ(新築マンション、中古マンション、建売戸建て、注文住宅、中古戸建て)
  • 物件引渡しの予定月
  • 備考(特に相談したいこと、疑問点など)

④予約日の日時に事務所にお越しください。(大阪駅前第3ビル25階 オフィス千日 合同会社)

高層用エレベータで25階に上がると、沢山の会社名が書かれたプレートがあります。

『オフィス千日合同会社』というプレートを見つけてください『あ行』の最後の方にあります。受付の女性にお名前と千日にアポイントがある旨を伝えてください、会議室にお通しします。

⑤ご相談後、条件に沿ったレポートをメールにてお送りします。

 

電話相談の方法

①予約フォームから予約を行ってください。

②正常に予約できたら確認メールが届きますので、相談料1万円(税込み)を振り込んでください。

相談料の振込先

金融機関 支店 種目 口座番号
三菱東京UFJ 西宮支店
(479)
普通 3267549
ゆうちょ 四三八
(438)
普通 9410857

どちらかへお振込みください。当社で入金を確認しましたら、予約確定となります。金融機関の営業時間外に振り込みされた場合は、翌日以降の営業日に入金確認となりますのでご了承ください。

なお、振り込み手数料は受講者のご負担でお願いいたします。

③相談料の振り込みを確認しましたら、千日から入金を確認した旨と前提条件について伺うメールでお送りしますので、これに回答してください。以下の項目を事前に伺います。

  • 居住予定の家族の年齢と年収
  • 自己資金の額
  • 借入予定額
  • 物件価格
  • 物件のタイプ(新築マンション、中古マンション、建売戸建て、注文住宅、中古戸建て)
  • 備考(特に相談したいこと、疑問点など)

④予約日の日時に事務所にお電話(06-6342-8355)し、オペレータに氏名を告げてください。千日にとりつぎます。

⑤ご相談者の条件に沿ったレポートをメールにてお送りします。

 

相談にあたっての千日の想い

多くの人は、本当に検討しなければならないことを飛ばして、住宅ローンを組み、家を買っています。不動産屋や銀行の担当者言う通りにすれば家を買えるからです。言う通りにしてしまっている、という自覚も無いかもしれません。

銀行の審査に通れば代金が払えるんですから、誰でも目的の家を買うことが出来ます。しかし、審査に通っても誰もが不安に思うんです。

本当にこれで良かったのか?

この不安の正体は本能が鳴らす警鐘です。人生の重要な選択にあたって、自分の脳が本当に考慮しなければならない情報を与えられていない、というリスクに対する危険信号です。家の売り手、住宅ローンの売り手が見せたいところだけを見せられて「さあ決めろ」と言われているのが、ほとんどの人が住宅ローンを選ぶ時の状況です。

つまり、それって相手の言う通りに選ばざるを得ないような環境だということじゃないのか?と思うのです。

いままではそれでも良かったのかもしれません。経済は右肩上がりで基本的に年齢に従って収入が増えていく世の中でしたからね。しかし、これからやってくる少子高齢化社会では違います。

これまでのやり方では通用しないかもしれない。

では、どんな方法で住宅ローンを借り、返していくべきか?

その答えは、この時代に家を買った私たちが自分で実行し、証明していくものです。私自身も住宅ローンを返済中です。そして書籍やインターネットを通じて必要な情報を公開することで、その役に立ちたいと思っています。

ともに頑張ろうじゃないですか。

オフィス千日の概要

代表者:千日太郎

住所:大阪市北区梅田1丁目1番3号大阪第3ビル25階

TEL:06(6342)8355 (営業時間:平日10時~17時)

e-mail:sennich@office-sennich.com

更新日:

Copyright© オフィス千日 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.